阪で評判の
リノベーション会社カタロ

大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

レトロ

人気の高い「レトロスタイル」を取り入れたリノベーション事例をピックアップしました!大阪にある老朽化物件をステキに活かしたそのデザインとは?レトロスタイルの解説もしているので、知りたい方はご一読ください。

レトロスタイルが得意なリノベーション会社3選

業者名特徴詳細ページ
アートアンドクラフトリノベーションオブザイヤーグランプリを受賞した関西を代表するリノベーション会社。テーマのひとつは、暮らしに住まいを合わせること。既存住宅の味わいを活かしたレトロスタイルを得意としている。

アートアンドクラフト
の詳細はこちら>>

Qvouリノベ物件探し、資金調達まで相談できる総合力の高さが魅力。GOOD DESIGN AWARDを受賞するなどデザイン力も確か。レトロスタイル(ヴィンテージミックススタイル)は、得意としているスタイルのひとつ。

Qvouリノベ
の詳細はこちら>>

シンプルハウス30年以上の歴史があるリノベーション会社。お家カフェやレトロシネマなど、様々なテーマのレトロスタイルを提案している。こだわり派の方にお勧め。

シンプルハウス
の詳細はこちら>>

レトロスタイルのリノベーション事例

【経年劣化を最大限に活かしたレトロリノベーション】

昭和20年代に建築されたと思われる、老朽化がかなり進んだ木造住宅をリノベーションした事例です。この住宅は密集地にあり、解体できないため、大きなリノベーションは難しいという課題がありました。そこで、「経年劣化ならではの木材の風味」を活かせるレトロスタイルにリノベーションすることに。

柱・梁・壁などは、もとある素材を残しています。アクセントをつけるために、浴室タイルのはり変えやハンドメイドのふすまなど、新しい要素もプラス。デザイン性のある素敵なレトロスタイルの住まいに変貌を遂げています。

【経年劣化を最大限に活かしたレトロリノベーション】のリノベDATA

リノベーション事例レトロスタイル~玄関・土間~ リノベーション事例レトロスタイル~キッチン~

引用元:株式会社LIFULL公式HP
URL:https://www.homes.co.jp/renovation/c-7174/case/31069/

【大人の雰囲気あふれる上品なレトロルーム】

築40年以上になる中古マンションの一室をリノベーションした事例です。大胆にも「キッチン・リビング・書斎・寝室」の間仕切りをカットし、ワンルームへとリノベーション。マンションの一室という限られた空間でありながらも、広々と感じられる造りになっています。天井の高さを変えることで、さらなる開放感もプラス。

さっぱりとした室内に温かみを与えるため、フローリングには栗の無垢材を使用しています。美しい木目と落ち着いた色味は上品なレトロさを演出。キッチン周りのフローリングは、モルタル風の塗装が施され、シックな雰囲気を醸し出しています。

【大人の雰囲気あふれる上品なレトロルーム】のリノベDATA

リノベーションデザイン事例レトロスタイル~キッチン~ リノベーションデザイン事例レトロスタイル~キッチン~

引用元:株式会社LIFULL公式HP
URL:https://www.homes.co.jp/renovation/c-7174/case/41796/

レトロスタイルなど、大阪でデザイン力の高いリノベーション会社3選を見る

【解説】レトロスタイルとは

レトロスタイルとは、どこか懐かしさを感じさせるデザインのこと。リノベーションでいうレトロスタイルは、無垢材を使ったり、もとの素材をあえて残したりすることで、使い込まれてきた「レトロ感」を演出したものが多いです。もとある素材を活かせる分、リノベーションの施工コストは抑えられます。また、木材を基調とするケースが多いので、落ち着いた空間に仕上がるのも魅力です。

そもそもレトロとは、何年ごろに作られたものを指すのか決まっていません。100年以上の経過を指す「ヴィンテージ」や100年以内の経過を指す「アンティーク」とは違うのが特徴です。

新築物件やリノベーションしたばかりの物件であっても、古さや懐かしさを感じられる要素があれば「レトロスタイル」に属します。「懐かしい」と感じる要素は人によってさまざまですが、一般的に根強いのは「昭和の雰囲気=レトロ」というイメージです。

コストを抑えやすいのがレトロスタイルの魅力ですが、注意しておきたいのは「例外ケース」もあるということ。経年劣化が進みすぎている物件は、リノベーション自体が難しい場合もあります。そうなると、新しい物件のリノベーションよりも施工費が高くつくことがあるため、物件購入前にリノベーションできるかどうかチェックしておきましょう。

【古民家の良さを引き出すレトロなリノベーション】

築100年の古民家をリノベーションした事例です。活用できる梁などはそのまま利用して、レトロ風の部屋に仕上げている点がポイントです。

美想空間

引用元:美想空間公式HP
URL:https://www.bisoukuukan.com/

重厚な趣の古民家とバランスをとるため、フローリングはやや重い印象になるオークを選択しています。全体が調和することで、見事な空間が完成しています。住宅の断熱性を高めるため、1階の床を剥がして下地を入れている点もポイント。寒く見える古民家ですが、室内は季節を問わず快適に過ごせる空間となっています。

美想空間

引用元:美想空間公式HP
URL:https://www.bisoukuukan.com/

キッチンは、シナベニヤを用いた造作です。新しい設備を導入することで、建物の「古さ」を強調しています。しかし、素材を木材で合わせているので違和感はありません。良く計算された選択と言えるでしょう。

美想空間

引用元:美想空間公式HP
URL:https://www.bisoukuukan.com/

玄関は、古民家の持つ良さをそのまま活かしています。新築住宅では出せない趣が魅力です。主な変更点は、襖を障子に変えたこと。これにより、明るさと新しさを演出しています。とはいえ、和から和への変更なので、古民家の玄関が持つ本来の良さは失われていません。建物を活かす理想的なリノベーションです。

【古民家の良さを引き出すレトロなリノベーション】のリノベDATA

昭和レトロを楽しめる戸建住宅

築60年の店舗付き住居をリノベーションした事例です。昭和レトロを楽しめる味わい深い住宅へ姿を変えています。

美想空間

引用元:美想空間公式HP
URL:https://www.bisoukuukan.com/

活用方法に悩む1階の店舗部分は、車とバイクを収められるガレージへ変更。作業スペースを設けているので、趣味の車いじり、バイクいじりを思う存分楽しめます。現在では使うことのできない配線用のガイシをあえて残してレトロな雰囲気を演出している点もポイント。こだわりの空間となっています。

美想空間

引用元:美想空間公式HP
URL:https://www.bisoukuukan.com/

キッチンは造作です。サイズや収納量を自由に調整できるので、古い建物の良さを活かすレトロリノベーションに最適。元の建物のテイストを壊さず使いやすいキッチンに仕上がっています。欄間の花模様をそのまま使用している点も見逃せん。

美想空間

引用元:美想空間公式HP
URL:https://www.bisoukuukan.com/

寝室には、大量の本を収納できる巨大本棚を設置しています。無造作に並べられた書籍とお洒落なフロアシートが良い雰囲気を作っています。大好きな本に囲まれて、酒匂の時間を過ごせそうです。

【昭和レトロを楽しめる戸建住宅】のリノベDATA

関連する施工事例

【免責事項】

このサイトは、2017年7月に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。