大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

大阪のリノベーション会社&業者おすすめランキング » 中古マンションのリノベーションに掛かる諸費用のまとめ » 予算相場について

予算相場について

中古マンションのリノベーションに掛かる費用の相場や、費用が必要になるポイントをご紹介します。

リノベーションの相場とは?安く抑えたいなら定額制がおすすめ

画像説明

中古マンションのリノベーションに掛かる費用は一概に言い表すことが難しいです。そもそも、一人ひとりのライフスタイルに合わせた住まいを作ることがリノベーション。人によってそれぞれデザインや設備などの内容が異なるので明確に相場が決まっているわけではありません。

例えば、フローリング加工をするにも、化粧板と無垢材では値段が大きく異なりますし、天然木を使った付け家具を取り付けるだけでも数百万掛かることもあります。

だた、施工事例を見れば大まかな相場観をつかむことができ、だいたい65m²のマンションで700万円~1,000万円が平均的です。

また、定額制リノベーションを導入している会社も多くあります。数種類のデザインパターンや設備、使用する材料があらかじめ決められており、その中から選べば「平方メートルあたり●●万円」という感じで、面積に応じて一定の金額を支払う料金体系です。

「ある程度自由度は低くても、低コストでおしゃれな住まいにしたい」という方は、こうした定額制のリノベーションの方がお値打ちに施工できる可能性があります。

リノベーションで費用が掛かるポイントとは?

先程も説明したとおり、設備によってリノベーションの費用は大きく変わってきます。特に費用に大きく影響するのはキッチンや洗面所、浴室、トイレと言った水回りです。

これまであった場所から大きく移動して間取りを変えるのであれば、給排水設備や電気設備などの大掛かりな工事が必要となって、費用が大きく跳ね上がります。

また、どのような設備機器を導入するかも大きなポイントです。特にキッチンやバスにこだわろうと思うと、高級品もあるため百万円単位の金額差が生じることも珍しくありません。

間取りの変更や設備は上を見たらきりがありません。しかし、適切な知識や相場観がないと、費用が掛かるリノベーションプランを立ててしまいがちです。

そこで、施工事例だけを見るだけでなく、購入物件に合わせて適切な価格で提案をしてくれるリノベーション会社を選ぶことが非常に重要となってきます。

大阪のおすすめリノベーション会社3選を見る

格安でリノベーションする4つのアイデア

リノベーション費用を抑えるための方法を4つお教えします。分割工事でのリノベーション、国の減税制度の利用、親の援助を受けた場合の無課税枠、施工会社の無料部分の利用など、当てはまるようであれば格安でリノベーションができます。

1. リノベーションを部分的にしていく

リノベーション中にかかる別途費用

大規模なリノベーションをするとなると、工事中はその家に住むことができません。仮住まいを確保するために、引っ越したり家具を保管しておくための費用がかかったりします。

仮住まいの家賃、保管のためのトランクルーム利用費用も考えておく必要が出てきます。

住み続けながら少しずつリノベーション

一気にリノベーションするのではなく、部分的にしていくことでその家に住みながら工事を進めていくことができます。家財もリノベーションする箇所以外のところに避難させることで、別の場所に保管する必要がなくなります。

今回はお風呂場、次回は2階部分など段階を踏んで工事をした場合と、一気にした場合の総合的な費用を比較するようにしましょう。

2. リフォーム減税をうまく活用する

住宅借入金等特別控除で、所得税を安くすることができます。個人がマイホームを増改築したときに適用されます。平成33年12月31日までに本人が居住用の家をリフォームしたとき、一定の要件を満たしたら利用できます。

減税手続きでは、必要書類を添付のうえ確定申告をします。合計所得金額がその特別控除を受ける年分で3千万円以下であることが大前提です。

また、工事費用が100万円を超えることを条件としています。他にも増改築後の床面積や、借入金の返済方法など条件が細かく定められています。

3. 贈与税の非課税枠を利用して親に支援してもらう

最大の援助者になり得る親

リノベーションをするとき、何も自分だけの資金で頑張る必要はありません。

特に親と一緒に住んでいる、ある程度親の援助を受けられる状態であれば、親の資金を利用してリノベーションするという方法があります。一度、親に援助してもらえないか相談してみましょう。

贈与税の非課税措置

親から資金を援助してもらった時に気になるのが贈与税ですが、リフォームのためであれば贈与税が非課税措置となります。

平成27年1月1日~33年12月31日の期間、満20歳以上の個人が贈与を受けた場合に限り有効です。対象となるリフォームは一定の定めがあり、非課税枠となる上限額は最低7百万円~最高3千万円です。

申告は税務署で行いますが、これも居住用であることが前提です。

また、贈与を受けた年の合計所得金額が2千万円以下の人が対象です。父母だけではなく、祖父母からの贈与でも対象となります。

4. 中古物件購入でのリノベーションは一括でできるところに依頼

購入から施工までできるところを選ぶ

マイフォームを新たに手に入れるために中古物件をリノベーションする場合は、その物件の購入からリノベーションの設計、工事、管理のすべてを依頼できるところに依頼することで、総合的な費用や労力を減らすことができます。

中間業者をなくすことにより、設計や工事にかかる余計な費用を減らし、しかも品質の高いリノベーションを実現できます。連絡間違いや認識違いなど、管理の複雑さによるミスを減らし、予定通りスムーズにリノベーションを行うことも可能です。

仲介手数料が無料になるメリットも

リノベーションの工事費用が安くなるだけではなく、物件を購入するさいの仲介手数料も無料になる場合があります。不動産仲介で儲けているわけではないので、仲介手数料を取る必要がないからです。

不動産会社で中古物件を購入してから、リノベーション会社に施工を依頼するよりの、費用を格段に抑えられます。

【免責事項】

このサイトは、2017年7月に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。