大阪のリノベーション会社&業者おすすめランキング » 中古マンションのリノベーションに掛かる諸費用のまとめ » 予算相場について

予算相場について

マンションリノベーションにかかる相場費用についてまとめてみます。

中古マンションのリノベーションにかかる費用

マンションのリノベーションにかかる費用は一概に言い表すことは困難です。

なぜなら、そもそも、一人ひとりのライフスタイルにあわせた住まいをつくるのがリノベーションであり、その内容は基本的にはオーダーメイドだからです。

特に物件を自分で購入してリノベーションするなら、注文住宅と同じように、オーナーの好みでつくりあげていくわけでから、内容によってピンキリです。

たとえばフローリングをするにも、化粧板と無垢材では値段が大きく違います。また天然木を使った造り付け家具をつくろうものなら、数百万円かかることも珍しくありません。

その他、給排水設備や電気設備など、費用はどこまで手を入れるか次第となります。

こうした事情ですから、リノべーション費用の相場観をつかむ手段としては、事例を参考にすることが最も有効です。

大まかな金額としては、よく行われるリノベーションは、700万円から1000万円といった価格帯(およそ65平方メートルのマンションで計算)になります。

最も費用に影響するといわれるのは、キッチン、洗面所、浴室、トイレといった水回りです。

これらを従来までにあった場所から大きく移動して間取りを変えたいのであれば、給排水設備や電気設備の大掛かりな工事も必要となり、コストが大きくあがります。

さらに、工事費だけでなく、導入する設備機器も、特にキッチンやバスはこだわろうと思えば、どれだけでも高級品がありますから、百万円単位の金額差が生じてしまいます。

予算をきちんとコントロールしながら、思い通りのリノベーションをするためには、しっかりと実績を持ったリノベーション業者をパートナーにすることが不可欠なのです。

ちなみに、「ある程度自由度は制限されてもいいから、低コストでおしゃれな物件にしたい」というような場合は、定額制のリノベーション業者への依頼を検討するのも一案です。

定額制リノベーションというのは、業者によって、数種類のデザインパターンや機器、材料が決められていて、その中から選べば、○○万円/平方メートルというかたちで費用が固定されているシステムです。

※免責事項※
このサイトは、2015年7月に個人で立ち上げたものです。
入念に確認しましたが、誤りがある可能性もございますので、その旨ご了解ください。
また、各会社さんの最新情報に関しては、公式ページでご確認ください。