阪で評判の
リノベーション会社カタロ

大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

リビング

ここでは実例を2つ、リビングのリノベーションをする前と後の写真を見比べて説明します。また、大阪でリビングのリノベーションをする際に大切なポイントや業者の選び方などを紹介していきます。

リビングのリノベーションの実例集

それぞれ同じ物件でリノベーションをする前と後の写真です。

映画のワンシーンにありそうなお洒落な部屋

QvouリビングBeforeBEFORE QvouリビングAfterAFTER

引用元:RE住むスタジオ Qvou公式HP
URL:http://q-reno.jp/list.html

バーカウンターを部屋に取り入れた、ヴィンテージスタイルのリビングダイニングキッチンです。部屋をレトロな雰囲気にするため、照明の色をオレンジがかったものにし、デザインも部屋にマッチするものをセレクト。他のインテリアもコンセプトに合うものを揃えることにより、レトロな雰囲気を崩さないようにしています。一昔前の映画のワンシーンにありそうな雰囲気のあるお洒落な部屋になりました。

明るく爽やかな部屋に

リノベるリビングBeforeBEFORE リノベるリビングAfterAFTER

引用元:リノベる株式会社公式HP
URL:https://www.renoveru.jp/renovation/128

リビングと和室に仕切られていた間取りを1つにして、リビングダイニングにした実例です。仕切りをなくすことで光を遮っていたものがなくなり、窓からの光が部屋を十分に満たしています。以前よりも明るく開放的になりました。

壁や天井は白い塗装でコーディネートすることで、爽やかな雰囲気を演出しています。明るく開放的でリラックスできる爽やかな部屋になりました。

リビングのリノベーションにおいて大切なポイント

リビングのリノベーションをする際に大切なポイントは大きく分けて5つあります。

1.家族のニーズや好みに合わせる

リビングは家族みんなで過ごす共有スペースです。例えば、「リビングで食事をするならキッチンからの移動距離はできるだけ短くする」、「リビングのデザインにコンセプトがあるなら似合う家具を調達する」など。動線やインテリアの配置は家族と相談して決めましょう。

2.間取りと構造

マンションでは給排水管など動かせないものがあるので、リノベーションで計画している構造が元の間取りと合うのかきちんと確認しましょう。

3.広さとバランス

リビングを広くするなら、照明や冷暖房なども部屋の大きさに適したものが必要になります。場合によっては今まで使っていたものでは効果がイマイチになってしまうことも。また、間取りが変わって、収納スペースが不足するパターンもあるので、事前に確認しましょう。

4.費用

リノベーションにかかる費用は、広さや工事の内容によって変化します。複数の会社に見積りを依頼し、相場を調べてから決めましょう。

5.期間

期間は費用と同じく内容によって変化します。簡単な工事であれば1週間ほど、大掛かりな工事なら1ヶ月ほどかかることも。また、リノベーション期間中はどこで過ごすのかなど、費用と合わせて相談しましょう。

リノベーション会社の選び方

全ての工程を1社で対応してくれる会社を選択しましょう。リノベーションを依頼する際、物件探しとデザインをそれぞれ別の会社に依頼するとどうしても費用と時間がかかってしまいます。また、「法人登録や建設業許可の資格がある」「工事責任者が明らかになっている」など、信頼できる会社に依頼しましょう。

他のページで、デザイン性重視の会社を紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

デザイン力で選ぶ!
大阪のおすすめリノベーション業者をチェックする

【免責事項】

このサイトは、2017年7月に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。