阪で評判の
リノベーション会社カタロ

大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

寝屋川市

寝屋川市の新築マンションとリノベーション物件相場をリサーチ

太間天満宮

子どもを育てるファミリーが多く住む寝屋川市。現在、販売されているマンションの相場価格をはじめ、治安やショッピング情報などの住環境、助成金情報などについてもまとめました。

新築マンション価格相場

※2015年1月1日~2020年1月31日時点の情報です。

※参照元:マンションエンジン|株式会社マーキュリー(https://www.manen.jp/market/details/27/03/27215/0/)

リノベーション物件価格相場

寝屋川市のリノベーション物件は、石津南町や三井南町などのエリアを中心に、おおよそ1300万円程度からの値段で購入が可能です。一戸建てからマンションタイプまで、様々な中古物件が販売に出されています。

マンションタイプの間取りとしては2LDK~3LDKが最も多く見受けられ、ニューファミリーが過ごしやすいエリアに、手頃な広さの物件が売りに出されている状態です。中古の一戸建て物件も数百万円代から3,000万円代まで、様々なタイプがそろっています。いずれもファミリーにおすすめのエリア、物件と言えるでしょう。

(※相場参照元URL:アットホーム https://www.athome.co.jp/mansion/chuko/theme/reform/osaka/neyagawa-city/list/)

実際の事例をチェック!

※2020年2月13日時点の情報です。最新情報は各不動産会社にお問合せください。

新築マンション

※寝屋川市の新築マンション情報は見つかりませんでした

リノベーション物件

※2020年2月13日時点の情報です。最新情報は各不動産会社にお問合せください。

♦アズ・プレミアムステージ寝屋川 1504 3LDK

2020年2月にリフォームが完了した中古マンション物件。クロス張り替え済み、もちろんハウスクリーニングも完了しています。間取りは3LDKです。最大の魅力は、最上階の部屋から見渡すことができる良好な眺め。基本的にペットOKであるところも嬉しいポイントです。最寄駅としては、JR学研都市線の「星田駅」が徒歩17分の距離にあります。周辺には、スーパー等の施設も充実。

(※事例参照元URL: アットホーム https://www.athome.co.jp/mansion/6970118653/?DOWN=1&BKLISTID=001LPC&SPCD=20150400001205&sref=list_simple)

♦サンメゾン寝屋川 - 3LDK

寝屋川市の中心部から徒歩圏内ながら、完成な住宅地にある中古マンションです。生活設備等含め、リノベーション・フルリフォーム済み。広々とした3LDKの間取りにバルコニーもあり、物件全体が東向きであるため、明るい彩光も期待できます。周辺にはコンビニなどの商業施設も多くあるため、快適に生活することができます。

(※事例参照元URL: アットホーム https://www.athome.co.jp/mansion/6969375862/?DOWN=1&BKLISTID=001LPC&SPCD=20150400001205&sref=list_simple)

♦寝屋川東ファミリータウン西4番館 5階 3LDK

平成18年に室内を改装して、全室のクロスを張り替えているため、お部屋がとてもきれいになっています。価格帯としても手頃です。彩光面は南東でバルコニー付き。日当たりの良さもポイントです。ペットの飼育も可能(規約上の制限に注意)。システムキッチン、室内に洗濯機置場もあるなど、生活設備も充実。

(※事例参照元URL: アットホーム https://www.athome.co.jp/mansion/1048776543/?DOWN=2&BKLISTID=002LPC&sref=list_simple)

寝屋川市の住環境

交通面

寝屋川市の交通面を見てみると、京阪電気鉄道の京阪本線が中心部を通っているほか、JR片町線(学研都市線)が市の東部を横断しています。寝屋川市駅が市の中心駅に位置し、萱島駅、香里園駅が設置されており、萱島駅では通勤準急・準急停車駅が停車します。平日の通勤時間に運行する通勤準急であれば、萱島駅から京橋までノンストップで約8分の距離にあり、大変便利です。寝屋川市駅でも快速急行(通勤快急)に乗れるため、朝の通勤ラッシュ時でも9分~12分程度で移動可能。ストレスなく通勤できることも物件を選ぶ際のポイントです。

続いて道路事情をみてみましょう。

現在、寝屋川市では、主要幹線道路が出合う地点では交通渋滞が頻発していますが、「第二京阪道路」の建設事業をはじめ、立体交差の開発事業が進んでおり、将来の渋滞解消が期待されているエリアの1つです。2001年には、都市計画道路である「千里丘寝屋川線」も開通。寝屋川市駅を中心点にする幹線道路網が整備され、駅周辺の渋滞も緩和されています。そのほか2015年に開通した「寝屋川駅前線」をはじめ、現在も寝屋川市エリアの交通渋滞や不便な交通上の分断を解消するための開発事業が進行しているのも特徴です。

治安面

大阪府内全体としてみると、寝屋川市の治安はおおむね平均的なようです。落ち着いた街並みはもちろん、物件の相場からしても、住みやすい地域であるとされています。近年、タワーマンションなどが増えていることから、地域全体の人口も増えています。駅前周辺でも人通りが多く、安全に過ごせる環境と言えるでしょう。実際寝屋川市で暮らしている住民からも、「日常生活で危険を感じることはない」という声があがっています。

また、昔ながらの風情を感じることができる商店街がそこかしこに残っているのも特徴です。人の目はもちろん、街灯が多く設置していることからも、治安面はそこまで悪いとは言えません。学校や病院などの公共施設が多く設置されていることも、同じように治安維持に役立っています。県道18線沿いに商業施設が多くあることから、子ども連れの世帯も多く住んでます。地方自治体としても子育ての支援策を充実させようとしているため、快適に日常生活を送ることができるでしょう。

教育環境

高度経済成長期、人口が急増する寝屋川市では、新しい小学校の建設が次々と行われてきました。1950年代にあった寝屋川市の小学校の数は5つに過ぎませんでしたが、現在では私立小学校として20以上の学校があります。そのほか私立の小学校としては、キリスト教を基本にした教育をおこなう「香里ヌヴェール学院小学校」があります。市立中学校を見てみると学校数は12校、さらに私立中学校として「香里ヌヴェール学院中学校」と「同志社香里中学校」があります。

現在の寝屋川市では、平成17年度を境に、義務教育期間である9年間の「小中一貫教育」を推進しています。具体的には、近隣地域にある中学校1校と2小学校2校を基本的な教育地域と定めて、それぞれで特色のある教育づくりを実施。同時に、統廃合を進めることで確保した財源を、教育環境のより一層の充実へと振り分けるようにしたのです。そのなかには、文部科学省がモデル校と見なす学校もあります。また、地域の大学と連携した教育の取り組み、また英語教育に力をいれることで「英語教育特区」の指定を受けた教育活動などもおこなわれるようになっています。

「小中一貫教育」を掲げる寝屋川市の教育事業。先進的な教育を実施することで、全国の学力学習状況調査では大阪府の全体平均を上回る結果が出ているなど、学力の向上の成果が見受けられるようになってきています。市がアピールポイントとする先進的な英語教育では、1日の教育すべてを外国人教師と英語だけで行うという「オールイングリッシュ」な取り組み、「英語村」の授業を導入。小中学生はもちろん、就学前の児童も参加することで、地域の子ども達に生きた英語を身につけさせています。その成果として、平成30年度の「英検3級」試験では、中学校3年生の合格率が約70%近くまで向上しています。

そのほか、寝屋川市に立地する大阪電気通信大学と連携した「プログラミング教育」では、児童の論理的な思考を養うことをねらうほか、全小中学校に設置している電子黒板、タブレット等を活用した「ICT教育」にも取り組み、将来の就業能力を身につけるようにさせています。

参考元URL:寝屋川市公式HP 「意外と!?すごい!/寝屋川市」
http://www.city.neyagawa.osaka.jp/igaitosugoi/kyouiku/1534984319168.html#1

ショッピング環境

寝屋川市では、大きな商業施設が寝屋川市駅や香里園駅、また国道通りに集中して立地しているほか、スーパー、コンビニ等も地域に散在しています。大商業施設としては、「アドバンスねやがわ」「フレスト寝屋川店」(寝屋川市駅前)、「フレスト香里園店」「ライフ」(香里園駅前)などが代表的です。

香里園駅では、駅から直結しているスーパーマーケットがあるので雨の日でも濡れずに移動できて便利であるほか、昔ながらの商店街もあり、風情があります。オシャレなカフェはもちろん、昔ながらのお団子屋さんなども見受けられ、いずれも手軽な値段で買い物できる楽しい商店街になっています。国道沿いにはドラッグストアや大手のスーパーマーケット、ホームセンター、フランチャイズのレストランが多くあります。

最後に、寝屋川市では地域振興の活性化を目的に、地域通貨に関する特区指定を国から受けています。そのため、地域通貨を市内にある様々な商店街で使うことができます。また、「元気わくわく商品券」というプレミア付き商品券の取り組みも行われており、地域の大型商業施設と小規模店が連携した商品券は、毎日の暮らしを楽しくお得にしてくれています。

寝屋川市の助成金事情

寝屋川市結婚新生活支援補助金

新婚をきっかけにして寝屋川市で新たな生活をスタートしようとしている新婚夫婦を支援する生活支援の補助金です。対象としては、新居となる住宅の購入はもちろん、家賃や引越し費用の一部について、補助を受けることができます。補助を受けるには市が定める条件を満たしている必要があるほか、審査制のため補助を必ず受けられるわけではありません。また予算限度額に達し次第、申請の受付が終了する場合がありますので、最新の情報をチェックするようにしましょう。

寝屋川市三世代定住支援補助金

寝屋川市に居住する子育て世代のファミリーとその親世代が、市内で同居もしくは近居できるように設置された補助金です。住宅を取得する費用のほか、同居する住居のリフォーム工事の費用を対象に、その一部を補助してもらうことができます。条件としては、義務教育修了前の児童がいることのほか、三世代の世帯全員が市内に住んでいることなどがあります。原則40万円ほどまでになります。申請の受付が終了している場合もあります。

母子家庭等自立支援教育訓練給付金

厚生労働省の認定教育機関で講座を受講しているシングルマザーもしくはシングルファーザーの家庭を対象にした給付金制度です。訓練および就職をサポートし、雇用の安定をはかるために設置されています。20万円を上限に受講料の一部に対して支給されます。

【免責事項】

このサイトは、2017年7月に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。