阪で評判の
リノベーション会社カタロ

大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

大東市

大東市の新築マンションとリノベーション物件相場をリサーチ

野崎観音

美しい駅前のイルミネーションやだんじりなどで有名な大東市で現在販売されている新築マンションとリノベーション済みマンションの相場を比較してみました。

新築マンション価格相場

※2015年1月1日~2020年1月31日時点の情報です。

※参照元:マンションエンジン|株式会社マーキュリー(https://www.manen.jp/market/details/27/03/27218/0/)

リノベーション物件価格相場

大東市のリノベーション物件の価格相場は、700万円~2,000万円台と、比較的安い価格帯となっています。高いものでも、中古一戸建て・3LDKで2,000万円クラスと、ほかと比べると手頃な価格の物件が多い印象です。建物の間取りは、3K~3LDKとさまざまです。平均的な築年数は30年前後と比較的古い建物が多い地域となっています。

新築と比較すると、1,000万円ほど安く購入できます。

(※相場参照元URL:アットホーム https://www.athome.co.jp/kodate/chuko/osaka/daito-city/list/)

実際の事例をチェック!

※2019年12月25日時点の情報です。最新情報は各不動産会社にお問合せください。

新築マンション

♦ザ・レジデンス大阪住道

(※事例参照元URL: suumo https://suumo.jp/ms/shinchiku/osaka/sc_daito/nc_67718026/)

♦メイツ四条畷駅前

(※事例参照元URL: suumo https://suumo.jp/ms/shinchiku/osaka/sc_daito/nc_67719087/)

(※大東市の新築マンション情報は2件しか見つかりませんでした)

リノベーション物件

♦氷野1丁目店舗付き住宅 3K

2018年4月にシェルター設置と階段の架替を行った店舗付き住宅です。店舗スペースは洋室13帖で十分なスペースがあるので、さまざまなショップに対応できるでしょう。もちろん住居部分もしっかりと整備されているので、快適に生活できるでしょう。

(※事例参照元URL: アットホーム https://www.athome.co.jp/kodate/6969151973/?DOWN=1&BKLISTID=001LPC&SPCD=20150400001206&sref=list_simple)

♦野崎駅 14分 3DK

2019年12月に、全室クロス張替えをおこなった物件です。JR片町線 野崎駅まで徒歩県内にある好立地な上に、近くには大東中央公園があるので、子どものいるファミリー世帯には遊び場が確保されている魅力的な物件と言えるでしょう。

(※事例参照元URL: アットホーム https://www.athome.co.jp/kodate/6969176880/?DOWN=1&BKLISTID=001LPC&SPCD=20150400001206&sref=list_simple)

♦四条畷駅 4分 4DK

2019年7月にキッチン、トイレ、全室クロス張替え、外壁のリフォームをおこなった物件です。設備が充実しており、モニター付きインターホンや床下収納、火災報知器などがあります。また、南玄関なので日当たりは抜群にいいです。

(※事例参照元URL: アットホーム https://www.athome.co.jp/kodate/6968822565/?DOWN=1&BKLISTID=001LPC&SPCD=20150400001206&sref=list_simple)

大東市の住環境

交通面

大東市は、鉄道が非常に便利な地域です。メイン駅である住道駅からは、オフィス街やジャンクション駅として機能している天王寺駅や大阪の中心駅である大阪駅には約30分で行くことが可能。京橋駅には15分ほどで行くことができます。通勤や通学にあまりに時間がかかってしまうと、毎日大きなストレスに耐えなくてはいけません。しかし、大東市なら交通の便は抜群に良いので、余裕を持って自宅を出ることができるでしょう。

また、大東市ではバスの便も充実しています。近鉄バス住道駅からは、近鉄八尾駅、東花園町、萱島駅といった市外各方面及び生駒登山口への路線があります。また、四条畷駅からは花園駅、四條畷市内への路線が伸びています。大東市コミュニティバスは近鉄バスが運営している路線で、住道駅と三箇、南新田、朋来住宅、西部(新田・諸福地区)方面への路線があります。京阪バスは四条畷駅へ乗り入れがあるほか、寝屋川市駅、大和田駅への市外路線や四條畷市のコミュニティ路線を持っています。大阪シティバスも通行していますが、大東市内にはバス停はありません。

治安面

大阪府内市町村の犯罪率ランキングでは、大東市は29位(※)となっており、決して治安はいいとは言えない順位となっています。しかし駅前を中心に活性化を進めインフラの整備に注力しているようです。そのため、住道駅周辺は治安がよく、犯罪件数も少なくなっています。ただし、夜は街灯が少ないことからも暗い場所が多く、女性の独り歩きは危険かもしれません。駅から離れた住宅街周辺では、公然わいせつやひったくりが発生しているので、女性の独り歩きは気をつける必要がありそうです。

実際に住んでいる人の声も見てみると、治安のいい場所と悪い場所が分かれているようです。駅の北側には京阪百貨店などのショッピングモールや飲食店があるおかげで、夜間でも人通りが多く独り歩きでも問題はありません。対して駅の南側は駅の営業時間内は人通りがあるものの、駅の営業終了後には人通りも少なくなるので注意が必要です。また、大東市には川が多いのですが、川の周辺は暗い場所が多いので、そうした場所にも夜間には近づかないほうが無難でしょう。

(※2016年時点 参考元URL: 高槻市HP http://www.city.takatsuki.osaka.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/14/1000rank2.pdf)

教育環境

大東市の教育環境は充実していると言えるでしょう。狭い範囲に小学校から大学までの教育機関が集中しているので、住んでいる場所を離れなくても同じ地域の中で進学していくことができます。また、学校はスポーツが盛んなところが多いようです。そうした環境なので部活も盛んにおこなわれていますが、学校が近くにあるので練習で帰りが遅くなっても心配がほとんどないというのは大きなメリットでしょう。さらに、学習塾が豊富なので、受験を考えるような時期になっても、学力向上のための塾探しも楽でしょう。そういう環境もあってか、最近では住道駅周辺に引っ越してくる子育て世代が増加しているようです。

また、子どもは中学卒業まで医療費が軽減される点も、子育て世代に大東市が好まれる一因となっています。北条方面は幼稚園、小学校、中学校が近い距離にあるので、子どもがいる家庭には魅力的でしょう。ほかにも、特筆すべき制度として、市がおこなっている「学力向上ゼミ」があります。これは、小学4~6年生を対象に毎週土曜に開催されているゼミで、塾の講師から算数の授業を受けることができるというもの。テキスト代は別ですが、月謝1,000円と安価なこともあり、多くの希望者を集めているゼミとなっています。

ショッピング環境

大東市にはショッピング施設も充実しています。スーパーやショッピングモールが各所にあるので、買い物をする場所に困ることはありません。さらに、駅前には百貨店もあるので大抵のものは近場でそろえることができます。飲食店も多いので、一人暮らしからファミリー世帯までお出かけを楽しむことができるでしょう。ダイエーが京阪百貨店に建て替えられたことで駅から数分でアクセスできるようになりましたし、駅ビル内にはスーパーやファストフード店、DVDレンタル店などが多数入っているので、仕事帰りなどにも気軽に立ち寄ることができます。駅の外にも、居酒屋などの飲食店や塾があり賑わっています。

近辺には、ダイエー、しまむら、ジーユー、ユニクロといった店舗は大抵あるので、食料品だけでなく、ファッションを楽しみたい場合でもたいていのものは取り揃えられるでしょう。ほかにも、万代は安い上に夜遅くまで空いているので、仕事で遅くなったりしたときでも買い物ができます。市内にはコンビニやスーパーが点在しているので、不意に買い物が必要になったときでも安心です。

大東市の助成金事情

三世代同居、隣居、近居に対する支援

大東市では、親・子・孫の三世代が日常生活の面で支え合い、家族の絆を深められるように引越代、住宅取得費、持家の増改築やリフォーム費用の一部を支援する「三世代家族推進事業」を実施しています。補助の対象となるのは、市外から転入した人及び三世代同居のために市内で転居した人となっています。申請期限は異動日から3カ月以内となっているので、できるだけ早く申請しておく必要があります。

雨水貯留タンク設置補助制度

雨水を環境負荷の少ない資源として有効活用するための制度です。雨水貯留タンクに雨水を溜め込んでおき、打ち水や植物への水やりなどに有効活用するほか、大雨のときに下水管に大量の雨水が一度に流れ込むことによって起こる漏水や浸水を防ぐこともできます。対象となるのは市内在住で適切に維持管理できる方で、タンクは戸建住宅1軒につき1個となっています。また、「タンクの基準は容量が80リットル以上」「遮光性があるもの」「ふたがあるもの」「安全性の確保できるもの」「敷地内で樋から雨水を貯めることができるもの」という条件をすべて満たすものと定められているので、条件を満たしているかどうか事前にチェックしておきましょう。

「家庭用燃料電池」の設置費用の一部を補助

エコ住宅の普及・促進のために、高効率かつ省エネ性の高い家庭用燃料電池「エネファーム」を購入・設置した家庭に対し、その費用の一部を負担する制度です。補助額は3万円で、対象となるのは同一世帯1回限りとなっています。

【免責事項】

このサイトは、2017年7月時点の情報を元に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。