阪で評判の
リノベーション会社カタロ

大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

枚方市

枚方市の新築マンションとリノベーション物件相場をリサーチ

枚方市

東側には駒山系の豊かな自然を擁する大阪屈指の教育都市である枚方市で現在販売されている新築マンションとリノベーション済みマンションの相場を比較してみました。

新築マンション価格相場

※2014年1月1日~2019年9月30日時点の情報です。

※参照元:マンションエンジン|株式会社マーキュリー(https://www.manen.jp/market/details/27/03/27210/0/)

「リノベーション物件価格相場

中古マンション購入の情報|【アットホーム】(https://www.athome.co.jp/mansion/chuko/theme/reform/osaka/higashiosaka-city/list/)

2017年に市制17年を迎えた枚方市の新築マンションの戸数は、2017年が最高で、戸数が195戸となっています。翌2018年はそれほど変動しておらず、183戸です。しかし、2019年は販売戸数が大幅に下降し59戸となりました。対して平均価格はそれほど変わっておらず、2017年時点での平均価格は3,910万円、2018年では3,845万円。そして、2019年時点では3,534万円です。

対してリノベーション物件については、ほかの市に比べると数は少ないもののさまざまな物件が揃っています。間取りは2LDK~3SLDK と比較的広めのものが多く、どちらかと言えば一人暮らしよりもファミリー層に向いている土地だと言えるでしょう。

実際の事例をチェック!

新築マンション

◆グランドパレス枚方

◆エスリード枚方セントラルスクエア

リノベーション物件

◆釈尊寺第1住宅13棟

京阪本線「枚方市」駅行きバス停から徒歩2分の好立地にある物件です。閑静な住宅街にあり、なおかつ南向きなので日当たりも良好です。システムキッチン、食器洗浄乾燥機、グリルなどの設備のほか、ワイルドバルコニーもあります。

◆藤阪ハイツA7号棟

令和元年7月にリフォームしたばかりの物件です。リフォーム内容は内装一部、キッチン、浴室、トイレ、クロス張替え、床、洗面所、給湯器となっています。トイレは温水洗浄便座、キッチンはシステムキッチン、3口以上コンロ、グリルと設備が充実しています。

◆フルーレ藤阪3号棟

枚方市の住環境

交通面

枚方市の交通の便は、かなり高いレベルにあります。都心に比較的近く、鉄道が発達している都市です。そのため、バブル期の段階からそうした特性を活かそうとマンションが数多く建てられ、住宅開発も盛んに行われてきました。そうした背景もあってか、枚方市は大阪府の主要都市へのアクセスが容易な土地となってきたのです。枚方市駅から京阪電車を使えば、大阪駅や梅田駅、そして京都方面へのアクセスが可能です。

枚方市駅から京橋駅までは、京阪電車の京阪本線特急で行けばおよそ15分で到着可能です。梅田駅へは京阪本線特急と大阪市営御堂筋線を乗り継げば、およそ24分で到着できます。大阪駅までなら、京阪本線特急とJR大阪環状線を乗り継げば、およそ22分で到着可能です。このように、枚方市からは各種の主要都市まで短時間で行けるのです。

治安面

枚方市の治安の状況を見てみると、火災発生件数は年に平均13件となっています。この数字は、全都道府県と比較してもかなり低い数字となっています。枚方市周辺では数件のひったくりが確認されており、また、街灯が少ない場所があるので、そうした場所では夜道は暗く女性の独り歩きは危険です。ただし、犯罪発生件数の方は枚方市全体で見ると少ないほうです。枚方市駅周辺なら警官のパトロールが頻繁に行われているので安心です。引っ越すなら枚方市周辺が望ましいでしょう。

大阪府43市町村の治安ランキングを見てみると、枚方市は11位となっています。口コミを見ても、枚方市に実際に住んでいる人たちは治安が良いほうだと感じているようです。

教育環境

枚方市は、大阪屈指の教育都市として知られています。1960年代から進行してきた人口増加に伴って、小中学校の不足が目立つようになってきました。これに対し、枚方市では学校の新設や増築を行い、1980年代には教室不足は解消されました。しかし、今度はそこから少子化傾向に伴って1999年には学校の統廃合が行われました。

そこで枚方市は、少人数による利点を活かすために今後の統廃合はしないと決定し、少人数教室による教育に力を入れるようになっていったのです。枚方市では、すべての私立学校にコンピュータールームの導入、ALTによる英語教育、少人数授業を導入しています。さらに、2008年にはすべての市立小中学校へのエアコンの導入が完了し、より快適な学習環境を実現しています。

こうした学習環境の整備によって、枚方市の学力平均値は全国学力調査にて全国平均・大阪府平均を大きく上回っています。枚方市は、今後も枚方市の児童の学力向上を図る教育施策を進めていく予定です。

ショッピング環境

枚方市では、主に枚方駅付近にショッピング施設が集中しています。ここでは、代表的なショッピング施設をピックアップして紹介していきましょう。

「ビオルネ」は枚方駅から陸橋を渡ってすぐの場所にあるショッピングセンターです。ファッションや各種ライフスタイルに合わせた店舗のほか、グルメ・フード関連の店舗も豊富にあるので、食事をするのにも困りません。「イオン枚方店」では、婦人服や生活雑貨などの日用品や衣料品を低価格で購入できる便利でお得なショッピングセンターです。レディスファッションの店舗も充実しています。

「枚方T-SITE」は、蔦屋が運営する生活提案型商業施設です。TSUTAYAをはじめ、フードマーケットや生活雑貨店などがそろっています。「京阪百貨店ひらかた店」では、雑貨やフードをはじめとするさまざまな店舗が入っています。ほかにも、鮮魚売り場では新鮮な魚も手に入ります。

枚方市の助成金事情

枚方市住工共生環境対策支援事業補助金

ものづくりを行っている中小企業を支援するための助成金です。騒音・振動・臭気を低減するための設備を新規購入もしくは改修、建物の改修を行う際に助成金が出ます。着工前に申請する必要があるので気をつけましょう。

木造住宅の耐震改修(工事)補助制度

木造住宅の耐震改修工事のための費用を一部補助してくれる制度です。募集数は60戸程度で先着順となっているので、なるべく早く申請しておきましょう。補助内容は、70万円(一定所得以下の世帯においては90万円)または耐震改修工事に要した費用のうち、いずれか少ない額となっています。

耐震診断補助制度

耐震診断にかかる費用の一部を補助してくれる制度です。耐震診断を行なう前に申請する必要はあるので気をつけましょう。また、対象となる建物は昭和56年5月31日以前に、原則として建築確認を受けて建てられた住宅および特定既存耐震不適格建築物となっています。

幼児教育・保育の無償化

枚方市では、令和元年5月の改正子ども・子育て支援法成立に伴って、子育て世帯の経済的負担軽減を目的として、令和元年10月から幼児教育・保育の無償化を始めます。対象となるのは、3~5歳児まで及び0~2歳児の非課税世帯の、保育所(園)、認定こども園、幼稚園等に通う子どもたちの保育料となります。

【免責事項】

このサイトは、2017年7月に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。