阪で評判の
リノベーション会社カタロ

大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

大阪市

大阪市の新築マンションとリノベーション物件相場をリサーチ

大阪城

大阪府の中心地である大阪市で現在販売されている新築マンションとリノベーション済みマンションの相場を比較してみました。

新築マンション価格相場

※2014年1月1日~2019年7月31日時点の情報です。

※参照元:マンションエンジン|株式会社マーキュリー(https://www.manen.jp/market/27/01/0/)

リノベーション物件価格相場

リノベーションの工事費用は1㎡あたり10万~15万円程度です。大阪市の中古マンション物件の相場は65㎡で2,000万円~2,500万円ほどなので、リノベーション費用と合わせた2650万円~3500万円が相場と言えます。

新築と比較すると、1,000万円~1,800万円ほど安く購入できます。

実際の事例をチェック!

新築マンション

◆グランドメゾン新梅田タワー THE CLUB RESIDENCE

◆ジオタワー南森町

◆ブランズ北堀江 プレイス

リノベーション物件

◆友渕コーポ

令和元年7月にリノベーションしたばかりの物件です。約20帖の広々としたリビングに、汚れにくい人造大理石のキッチンカウンターがとても便利。南面はグラウンドになっており、遮るものがないため抜群の眺めを楽しめます。

◆阿波座セントラルハイツ

2019年4月にリノベーションを行った、廊下の少ない間取りが特徴の物件です。家全体の見通しがいいので、家族の団らんにも最適。夫婦の二人暮らしの場合も、LDKと洋室は引き戸を開ければ2LDKとして使うこともできます。

◆パレシール東淡路

ショッピングタウン「エバーレ」まで、わずか徒歩1分の好立地にあるリノベーション物件です。全室きれいにリフォーム済みで、ペット可なので大切なペットと一緒の生活が実現できます。さらに床下収納もあり、食料の備蓄などを保存しておけます。

大阪市の住環境

交通面

大阪府のメインエリアである大阪市は、豊富な交通網を持っています。JR東海道新幹線、山陽新幹線をはじめ、地下鉄や阪急電鉄、近畿日本鉄道など、実に合計35種類もの路線があり、大阪府内だけでなくあらゆる方面へのアクセスに優れています。特に、大阪の玄関口として発展しているJR新大阪駅は東京駅に次ぐターミナル駅として、日夜たくさんの人が利用しています。特に、アクセスが良好なのが城東区です。主要路線はJR大阪環状線・JR片町線・大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線と今里筋線と中央線・京阪電気鉄道京阪本線と非常に豊富で、さまざまなエリアに楽にアクセスできます。なかでも、大阪環状線は大阪府の中心路線なので、府内への移動なら環状線を使えばすぐです。

電車や新幹線以外にも、路線バスなどの交通機関も充実しています。空路についても、関西国際空港へ気軽に行くことができます。大阪市に住んでいて交通機関に不便を感じることはまずないと言っていいでしょう。

治安面

大阪市の治安は、場所によって大きく異なります。もっとも治安が良いのは此花区です。しかし、ユニバーサルスタジオジャパンのあるこのエリアは、その土地のほとんどが埋立地であり、治安が良いと言うよりは居住者が少ないのです。そのおかげで犯罪自体があまり見られません。USJにはたくさんの人が訪れるものの、それ以外の建物があまりないので閑散とした印象です。地理的には便利なものの、華やかな場所ではありません。しかし、USJが近いという大きなメリットがあるので、通い詰めたい人には便利な場所です。

実質的に大阪市の治安の良いエリアベスト1と言えるのが西淀川区です。西淀川区は、かつては大規模な工場地帯でしたが、現在ではそれらの工場の代わりにたくさんのマンションが建っています。西淀川区は治安が良いだけではなく、塚本、姫島、千船といった大阪のビジネス街へのアクセスに便利な駅が多数あります。内陸の方は住宅が増えてきているので、夜間でも安全でしょう。家賃も手頃で人口も増加傾向にあるのでこれからの発展に期待できるエリアです。

教育環境

大阪市内の教育環境は、非常に充実していると言えます。代表的な国立大学である大阪教育大学を筆頭に、市内にある大学、短期大学、専門学校は24校。教育を重視している人ならぜひともおすすめしたいエリアとなっています。もちろん、学校の数が多いだけではありません。行政も教育に力を入れており、保育士を確保するための支援や、施設運営者に対する助成金制度などがあります。さらに、子育てを支援して欲しい人と子育てを支援したい人を結びつけ、子育てを支え合える環境を作り出すことを目的とした「大阪市ファミリー・サポート・センター事業」も実施しています。

また、文化や芸術、スポーツに親しむことができる各種施設も充実しています。博物館だけで24箇所、美術館なら10箇所、動植物園や水族館なら5箇所あり、さまざまな文化や知識に触れることができます。大人から子供まで、1日じゅう楽しめるアミューズメント施設であるユニバーサルスタジオジャパン、620種3万点に及ぶ水の生き物が展示されている、世界最大級の水族館である海遊館、お笑い好きなら外せない吉本のホームグラウンドとも言えるなんばグランド花月など、無数のスポットがあります。スポーツに関しては、エディオンアリーナ大阪や京セラドーム大阪などといった大規模なスタジアムがあります。また、大阪プールや大阪市中央体育館などでは、日常的にスポーツを楽しむことができます。

ショッピング環境

東京に次ぐ大都市であるだけあって、大阪市には無数のショッピングスポットがあります。国内最大級のショッピング施設であるグランフロント大阪、複雑な構造から梅田ダンジョンとも称される梅田地下街、天王寺区にある日本一高いビルであるあべのハルカスなど、まさに最先端の街だと言えるでしょう。京橋や大阪駅周辺も開発が進み、たくさんのショッピングスポットができています。昔に比べると街並みは格段にきれいになり、都会化している印象です。反面、いわゆる「ミナミ」と呼ばれるエリアの中心部である難波駅や心斎橋駅周辺には、昔ながらの観光名所である通天閣があり、その周辺には商店街が軒を連ねています。

ショッピングはもちろんのこと、現代的な街並みと昔ながらの商店街の雰囲気を同時に楽しめるのも、大阪市の面白いところだと言えるでしょう。また、日本一長い商店街として知られる天神橋筋商店街や、大阪の食文化が集まるスポットである黒潮市場も、スポットとしては見逃せない場所です。

大阪市の助成金事情

私立高等学校等奨学のための給付金

すべての学童が平等に教育を受けられるようにするため、大阪府内の低所得者に対して、授業料を教育費の経済的負担を軽減することを目的として奨学金を給付する制度です。受給対象となるのは15~17歳となっています。

乳幼児医療費助成制度

乳幼児を育てている家庭に対して、適切な医療サービスを容易に受けられるようにするために、医療費の自己負担の一部を助成する制度です。大阪府は市町村が実施している乳幼児医療費助成制度に対する補助を行っています。

平成25年度以前に入学した皆さんへの授業料支援制度

中学卒業時点で、私立高校や高等専修学校への進学についても自由に学校選択ができる機会を保証することを目的とした制度です。国の高等学校等就学支援金と併せて、私立高等学校等授業料支援補助金の交付によって私立高等学校等の授業料を実質的に無償化、あるいは保護者負担を10万円以内にする事を目的とした保証です。

青年就農給付金

就農前の研修段階、もしくは経営状態の不安定な収納したばかりの青年就農者に対して、青年就農給付金を給付する制度です。受給対象となるのは45歳までの家族がいることとなっています。

訪問看護利用料助成費

知事によって指定された訪問看護ステーションの利用時に、市町村が利用料を助成してくれる制度です。対象年齢は設定されておらず、重度障害児・者が対象です。

【免責事項】

このサイトは、2017年7月に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。