阪で評判の
リノベーション会社カタロ

大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

うたたね建築

うたたね建築デザイン室の口コミ評判

誠実で一生懸命なスタッフさんが素晴らしい
こちらに決めた理由は、スタッフさんの対応が素晴らしかったからです。誠実さはもちろん熱意も伝わってきたので、任せて大丈夫だろうと思えました。リノベーション工事は、一切の手抜きなしで仕上げていただけたと思います。

長年、思い描いていた理想以上の部屋を作っていただけました
私の希望をしっかりと受け止めたうえでプランを作ってくれたので、お洒落なだけではなく使い勝手の良い部屋になりました。デザイン面は完璧で使い勝手までよいので、理想以上の部屋といって差し支えないですね。本当に満足しています。

うたたね建築デザイン室ってどんな会社?

1992年創業の一級建築士事務所です。リノベーションだけではなく、注文住宅・戸建住宅・マンション・別注家具の設計にも対応しています。特徴は、「古くなったら捨てるのではなく、古くなったら修繕して使い続けたい」と思えるようなベーシックを提案していること。愛着を持てる住まいづくりを得意としています。

うたたね建築デザイン室の特徴的な考え方といえるのが、お部屋や建物を「暮らしを支える器」と考えていること。一人ひとりの暮らしに合わせた上質な「器づくり」を仕事と考えています。出来上がった器は、住む人が使い続けることで「住まい」に変わります。日常に寄り添う上質な器を作ることを理想と考えているのです。

うたたね建築デザイン室のデザインの特徴

自然素材と造作家具を活用した部屋づくりを得意としています。デザインの特徴は、施主の希望などを有資格スタッフがじっくりとくみ取ったうえで、こんな部屋で暮らしたかったと思えるような心がときめくお部屋を実現してくれること。妥協なく部屋づくりを進めてくれるので、理想以上の空間を実現できます。

古くなっても修繕して使い続けたくなる部屋にするため、安全性やメンテナンス性を考えた部屋づくりを行なってくれる点も特徴です。住む人が簡単に手入れできるので、器を住まいに育てていくことができます。また、時間が経つほどに住まいに対する愛着が増していきます。長く住み続ける部屋を作りたい方に最適です。

うたたね建築デザイン室の施工事例

リノベーション事例
うたたね建築のリノベーション事例
うたたね建築のリノベーション事例
うたたね建築のリノベーション事例

画像引用元:うたたね建築デザイン室公式サイト 事例紹介ページ
URL: http://www.ksarch.jp/works/renovation01/

アメリカ雑貨が大好きな施主の理想を形にしたお部屋。シアトルやポートランドにあるお洒落なカフェやガレージをイメージしています。手作り感の中に武骨さを感じられる理由は、節のある木材や本煉瓦、アイアンなど、力強い材料を選んでいるから。窓の少なさが生み出す閉塞感を緩和するため、天井と同じ高さの棚を設置して空間に広がりを生み出している点もポイントです。細部まで考え抜かれたリノベーションの事例といえるでしょう。

エイジングが楽しめる素材

古くなっても修繕して使い続けたくなるお部屋を作るため、うたた寝建築デザイン室は建物を構成する材料にこだわっています。材料を選ぶ基準となるのが、エイジングを楽しめること。建物が完成したときに最高の状態を迎えるのではなく、使い続けることで最高の状態に育っていくお部屋づくりを大切にしています。

温かく気持ち良い足触り

こだわりの材料として挙げられるのが床材です。うたた寝建築デザイン室は、床材に尾鷲ヒノキ、カラマツ、ベイマツを使用しています。これらの床材の魅力は、温かくて肌触りが良いこと。思わず裸足で生活を始めたくなります。丁寧にオイルでメンテナンスをすれば、美しいエイジングを楽しめる点も魅力です。木のぬくもりを感じられるお部屋を実現できます。

ビニールでない壁紙

うたた寝建築デザイン室は、暮らす人の気持ちよさにこだわった材料選びも意識しています。例えば、壁紙は特別な希望がない限り、自然素材100%のものを提案しています。そのひとつとして挙げられるのが、ドイツで生まれた塗装下地壁紙・ルナファーザーです。和紙のような質感が美しいので無塗装のまま使用できます。汚れが目立ち始めたら水性塗装で漆喰のような風合いを出すことも可能です。

寝室の壁面には、珪藻土を使用することを勧めています。樹脂を含まない本物の珪藻土は呼吸をすることで空気を綺麗にしてくれるといわれています。静電気が起こりづらい点、埃が舞いづらい点も魅力です。落ち着いて眠れる環境になるので、寝室の壁面には珪藻土を勧めているのです。安心・安全の室内環境を実現したい方でも満足できます。

料金プラン・ローンについて

公式サイトに、料金プラン・ローンに関する説明はありません。詳しい料金を知りたい方は、見積もりをとる必要があります。中古物件をリノベーションする場合は、専門のスタッフが物件へ足を運んだうえで見積もりを提示してくれます。良質な材料をコストパフォーマンスに優れる形で使用することを心がけてくれるので、魅力的な価格を提示してくれるはずです。見積もりの根拠になるプランは、施主の要望やイメージを詳しくヒアリングしたうえで作成してくれます。

プランと見積もりに納得できたら設計契約を結びます。このときに必要になるのが設計費10万円です。設計契約締結後、着工に向けて各種図面の作成に入ります。続いて、最終的な見積もりの提示を受けて、納得できれば建築工事請負契約書(本契約)を締結します。無事に本契約に至ったら、設計費10万円は工事費に充当されます。本契約に至らなかった場合は、設計費10万円から実費を差し引いた金額が返金となります。更に詳しい情報が必要な方は、うたた寝建築デザイン室に問い合わせるとよいでしょう。

うたたね建築デザイン室の基本情報

【免責事項】

このサイトは、2017年7月に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。