大阪のリノベーション会社&業者おすすめランキング » そもそもリノベーションとは?知っておきたい基本のキ » デメリット

デメリット

中古マンションのリノベーションに成功するには、そのデメリットも押さえておくことが大切です。というわけで、リノベーションに伴う注意点について解説してみましょう。

知っておきたい中古マンションリノベーションのデメリット

中古マンションのリノベーションにあたって、一番のデメリットは、「物件そのものの築年数が古い」ということです。

特に建築基準法との関係が重要。昔は、今ほど建築基準法による耐久性への要求が高くありませんでした。

ですから古い物件は、現在の建築法が要求する耐震性を満たしていないかもしれないのです。

地震対策のための工事をすると、大きく費用がかさんでしまうおそれがあります。

そうなってしまっては、新築に比べコストが抑えられるというリノベーションのメリットが十分に享受できなくなってしまいます。

具体的には耐震基準が大きく見直された1981年6月以前に建築確認を受けている物件は、古い基準しかクリアしていない可能性があります。

また、自分の好きな住まいをつくることができるのが魅力のリノベーションですが、「集合住宅である以上、自由には制限がある」ということも忘れがちなポイントです。

基本的にリノベーションの工事で手を加えられるのは、専有部分にかぎられます。

住戸の内側は、所有者が自由にできる専有部分となり、壁や天井の張替え、塗り替えについては、好きにすることができます。

また室内のドアなどの建具も、自分の好みにして大丈夫です。問題となるのは、マンションの外観や他の居住者に影響を与える共有部分についてです。

ベランダやバルコニーは、一見すると各戸に付属している専有部分にみえますが共有部分とされており、自由にはできません。

このように中古マンションのリノベーションには、知っておかないと困ったことになってしまうデメリットがあります。

リノベーションに潜むリスクに精通している専門家をパートナーに選ぶことが、リノベーションを成功させる近道だと思います。

※免責事項※
このサイトは、2015年7月に個人で立ち上げたものです。
入念に確認しましたが、誤りがある可能性もございますので、その旨ご了解ください。
また、各会社さんの最新情報に関しては、公式ページでご確認ください。