阪で評判の
リノベーション会社カタロ

大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

家の減価償却とリノベーション

リノベーションにかかった費用を減価償却することはできるのでしょうか。リノベーションと減価償却について解説します。気になる方は、参考にしてください。

家の減価償却とは?

減価償却とは、固定資産の価値減少分を見積もり、費用として計上すること。固定資産は、長期にわたり使用する事業用の資産です。

減価償却する理由は、固定資産の価値は使用や劣化などで減少していくと考えられるから。ここでいう価値は、税務や会計上の価値です。実際の価値の減少と連動しているわけではありません。

不動産の減価償却は土地と建物に分けて考える必要があります。土地は使用や経年により価値が減らないと考えられるので、減価償却資産に含まれません。建物は使用や経年で劣化するので、減価償却資産に含まれます。つまり、建物のみ減価償却の対象になります。

減価償却の方法は、「定額法」と「定率法」に分かれます。定額法とは毎年同額を費用として計上する方法、定率法とは計上する費用を少しずつ小さくしていく方法(当初の減価償却費が大きい)です。

平成19年4月1日以後に取得した場合、建物の償却法は定額法のみです。定率法を選ぶことはできません(※建物付属設備などは定率法を選べます。計算式は複雑なので割愛します。詳しくは、専門家などにご相談ください)。減価償却費の額は次の計算式で求めます。

定額法の償却率と建物の耐用年数は、次の通りです。

参考:(PDF) 国税庁:減価償却資産の償却率表[pdf]

参考:(PDF) 国税庁:耐用年数(建物・建物付属設備)[pdf]

リノベーションをしたときの減価償却はどうなる?

次に気になるのが、実際にリノベーションを行なったときの減価償却です。リノベーションにかかった費用を減価償却して良いのでしょうか。

そもそも減価償却にリノベーション費用を含んでいいのか?

基本的に、非事業用の建物で行ったリノベーションの費用を減価償却することはできません。費用を計上することはないからです。よって、マイホームなどでリノベーションを行なっても、納める所得税を減らすことはできません。

事業用の建物で行ったリノベーションの費用は、必要経費として認められれば減価償却することができます。ポイントは、事業収入につながるかどうか。具体的な判断を下すことはできないので、気になる方はリノベーションを行なう前に税務署などで相談すると良いでしょう。

軽量鉄骨と重量鉄骨の場合

軽量鉄骨と重量鉄骨の建物でリノベーションを行った場合、毎年、どれくらいの金額を減価償却の額にできるのでしょうか。リノベーションに3,000,000円かかった場合のシミュレーションを行ないます。

軽量鉄骨の建物の耐用年数は27年です。この場合の定額法の償却率は0.038となります。「減価償却費の額」の計算式に当てはめると以下のようになります。

軽量鉄骨の建物でリノベーションを行った場合、毎年114,000円を減価償却することができます。

続いて、重量鉄骨の建物でリノベーションを行った場合のシミュレーションを行ないます。重量鉄骨の建物の耐用年数は34年です。この場合の定額法の償却率は0.030となります。「減価償却費の額」の計算式に当てはめると次のようになります。

重量鉄骨の建物でリノベーションを行った場合、毎年90,000円を減価償却することができます。

RCと木造の場合

RCと木造の建物でリノベーションを行った場合はどうなのでしょうか。これらの建物で、3,000,000円のリノベーションを行った場合のシミュレーションも行ないます。

RCの建物の耐用年数は47年です。この場合、定額法の償却率は0.022となります。「減価償却費の額」の計算式に当てはめると以下のようになります。

RCの建物でリノベーションを行った場合、毎年66,000円を減価償却することができます。

続いて、木造の建物でリノベーションを行った場合のシミュレーションを行ないます。木造の建物の耐用年数は22年です。この場合、定額法の償却率は0.046となります。「減価償却費の額」の計算式に当てはめると次のようになります。

木造の建物でリノベーションを行った場合、毎年138,000円を減価償却することができます。

家の価値向上にリノベーションを上手に利用しよう

以上の通り、リノベーションにかかった費用は減価償却することができます。リノベーションにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

節税効果

事業用の建物でリノベーションを行った場合、かかった費用を長期間にわたり経費として計上できる可能性があります。納める所得税を減らせるので、所得アップにつながります。この点は大きなメリットです。

建物の魅力アップ

リノベーションは、古くなった建物などを蘇らせる取り組みです。正しく行なえば、建物の魅力はアップします。多くの場合、建物の魅力アップは集客力や資産価値の向上につながります。リノベーションで売り上げをアップすることができるかもしれません。

劣化した個所を修繕できる

建物が古くなると、少なからず不具合が出てきます。不具合をまとめて修繕できる点もリノベーションの魅力です。過ごしづらさを解消できるはずです。

リノベーションには以上のメリットなどがあります。節税効果以外にもメリットがあるので、気になる方は検討を進めてみてはいかがでしょうか。

【免責事項】

このサイトは、2017年7月に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。