阪で評判の
リノベーション会社カタロ

大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

リフォームとリノベーションの違い

実はリノベーションとリフォームというのは、定められた明確な定義はありません。リフォーム会社やリノベーション会社などが、それぞれ解釈して使い分けているのです。そのためどちらの言葉でも間違いではありません。

ですが使い分けられているからには、一般的に認識されている違いはあるということになります。一般的には間取りから内外装、配管など、住環境すべてをゼロから考え直し、新しく住む人たちの暮らしや希望に合わせることをリノベーション。古くなった外壁を塗り直す、古くなったキッチンを新しいものに替える、壁紙を貼り替える、オール電化に替える、床面積を変える、など原状回復することをリフォームと使い分けられています。

このページでは、詳しくリノベーションとリフォームの違いや、リフォームに関する基礎知識をご紹介していきます。

リノベーションとリフォーム目次

リノベーションとは

リノベーションは「つくり変える」という意味を持ちます。

間取りから内外装、配管など、住環境すべてをゼロから考え直し、新しく住む人たちの暮らしや希望に合わせる、または現代的なスタイルに合わせるなど、既存の建物をつくり変えることで、住まいの性能や価値を向上させることです。

例えば、耐震や耐久性を高めるために壁の強度を補ったり、広々とした空間にするためにリビングの仕切りの壁をなくしたり、壁や床などの内部をデザイン性の良いものにしたり、などが「リノベーション」に該当します。このような、住む人のライフスタイルや生活環境、希望や好みに合わせて自由にさまざまなアレンジができるという特徴から、リノベーションは近年、非常に人気があります。

リノベーションのメリット

リノベーションのデメリット

大阪のおすすめリノベーション会社3選を見る

マンションリノベーションの相場

リノベーションの一般的な工事費用は1平方メートルあたり100,000円~150,000円程度です。だいたい65平方メートルのマンションで7,000,000円~10,000,000円が平均的です。
とはいえ一口にリノベーションといっても、物件の築年数や広さ、構造、リノベーション内容、使いたい資材やシステムによって費用は大きく変わってきます。
施工事例からあなたの希望を叶えるにはいくらかかるのか、相場感をチェックしてみましょう!

リノベーションの相場と施工事例をみる

リフォームとは

リフォームは「元に戻す」という意味を持ちます。

建てた瞬間から始まる経年劣化で古びてしまったり、生活していく上で汚れや傷がついてしまったりなどした内外装を、新しかった元の状態に、できる限り戻すための改修です。

例えば古くなった外壁を塗り直す、古くなったキッチンを新しいものに替える、壁紙を貼り替える、オール電化に替える、床面積を変える、などなどが「リフォーム」に該当します。原状回復とも言われています。基本的には部分的に老朽化している、また壊れている、汚れている箇所を直したり、新しく入れ替えたりすることを指します。

リフォームのメリット

リフォームのデメリット

リフォームの相場

定価がきちんと決まっていないリフォーム。初めてのリフォームでは費用はどれくらいかかるか、イメージできませんよね。ですが実際にリフォームを進める前に、予算を知っておいた方がいい、と考える人は多いはず。とはいえ、既存建物の状態や築年数、プランなどによって費用はまちまち。そのため、相場より高い費用を請求する業者も存在しています。騙されないためには、やはりリフォーム金額の大体の相場は把握しておいた方が良いでしょう。

工事内容とそれぞれの相場をみていきましょう。

こうした工事以外にも、間取り変更を伴う場合には、設計費がかかる場合もあります。
また、大規模なリフォームでは、リフォーム期間中の住まい・駐車場費用や引越し費用、トランクルームの費用などがかかる場合も。大規模なリフォームな場合は特に、これらを考慮に入れて予算を組んだ方が良いでしょう。

リフォームの工事内容と種類

リフォームと一言でいっても、リフォームしたい箇所や選ぶ設備によって様々。リフォーム&リノベーションしたい各箇所ごとに基本情報を紹介します。

様々なリフォーム目次

フルリフォーム

フルリフォーム(全面リフォーム)を検討する人もいると思いますが、これも相場が気になるところ。一戸建てフルリフォームの費用相場としては2,500,000円〜1,250,000円、マンションのフルリフォームの費用相場としては、3,000,000円~7,000,000円と、かなり幅広い価格帯になっています。これは工事の内容が幅広いからという理由で、やはり検討する前には、その物件に住む人の生活を明確にしておかなければなりません。

フルリフォームは大きく分けて2つあります。「表装をメインとした改装的なリフォーム」、「間取り変更を含んだ大規模なリフォーム」。物件を全面リフォームすると言っても、改装と構に関わるリフォームでは、工事の流れや中身がまったく違ってきます。費用価格を検証する際は、この2つの指標をもってスタートするのがひとつの目安になるでしょう。予算との兼ね合いもあるため、なかなか決まらない時は、どこまでの設備に対応してくれるかなどを含めて、業者に相談するのも良いでしょう。

水回り中心リフォーム

築年数が経つにつれ、お風呂やキッチン、トイレなどの水回りは劣化や老朽化が進みます。ですが水回りは設備機器の種類が多いだけでなく、グレードもかなりの数が揃っています。選んだ種類やグレードによって、リフォーム費用は大きく差が出てきます。また最近では、デザイン性の高いものもさらに増えているため、使用する人の要望が大きく反映され、費用も大きく変わってきます。

お風呂リフォーム

費用相場が500,000円~1,500,000円のお風呂リフォームですが、システムバスには戸建用とマンション用の2種類あります。どう違うというのは、基本的にはサイズの違いだけ。戸建用は正方形サイズの商品が揃っており、1616サイズや1818サイズといった、マンション用よりひと回り広く感じられるサイズになっています。マンションは建物の構造上、高さが確保できず天井が低いため、マンションに戸建用は導入できませんが、戸建てにマンション用は導入できます。基本的にシリーズが同じであれば、性能に違いはありません。

価格面では、通常戸建用のほうが低い価格設定になっています。ですが戸建用の方がぐっとマンション用より安いかと言えばそうではなく、せいぜい数%程度。商品によっては同じ価格設定のものもあるため、どちらが高いということはあまり考える必要はないでしょう。

FRP製の浴槽

一般的な浴室に最も多く採用されているFRP(繊維強化プラスティック)は、軽量で耐久性、防水性の高い素材です。参考価格は790,000円~1,330,000円と手ごろな上、サイズも揃っており、リフォームの際は名前が挙がりやすいものになっています。塗装しやすいため防汚コーティングや補修、塗り直しも簡単にできます。メンテナンスのコストをかけなくて済む浴槽と言えます。加工しやすいため、デザインや種類も豊富。ジェットバス、バブルバスなどの機能付きも豊富にあります。また、軽くて扱いやすいため、2階以上、特にマンションの上階にも導入しやすくなっています。表面がなめらかで手触りもよく、かつ明るい色合いが多いため、人気のあるFRPですが、反対に汚れが目立ちやすいという点も。また、上質感にこだわる人には、あまりそぐわないかもしれません。

人工大理石製の浴槽

なめらかな光沢感、大理石のような質感で人気のある人工大理石。参考価格は690,000円~2,510,000円と、幅の広い価格設定ですが、人工大理石とはいってもメーカーによって素材の配合は違うため、なかなかひとまとめにはできないようです。例えば見た目の美しさに重きを置いたものや、機能性を重視したものまで多種多様。カラーも豊富に揃っています。
どれを重視するかは予算などを考慮し、ご家庭に合ったものを選択することになります。ただ傷がつきやすいのがデメリット。汚れ落ちは良く、内部にも入り込みにくいので、掃除の面では楽ともいえますが、傷によっては補修しても風合いが失われてしまう場合もあります。また塩化メチレンを含んだ洗剤は、塗装をはがしてしまうため、使用ができないので注意が必要です。ですがFRPと同様、普及率が高く、取り扱いも多く導入しやすいです。手ごろ価格もあるため、コストを抑えたいけれど機能と見た目も重視したいという人におすすめです。

ヒノキ製の浴槽

まるで温泉に入っているような贅沢な感覚になれる、ヒノキ風呂。憧れる人も多いのではないでしょうか。木製の浴槽はぬめりやカビが心配、という人もいると思いますが、現在は加工してそれらを防ぐことのできるものが流通しており、さらに耐久性にも優れているものも。掃除の手間がかからず衛生的で、保温性も良いヒノキ風呂ですが、とはいってもやはり木ですので効率的に換気する必要があります。
窓付きの浴室がおすすめですが、窓がない場所だと換気に工夫が必要なので、浴槽だけのリフォームを考えていた場合、予算を上回ることも。マンションにはあまり向いていないかもしれません。そして参考価格は2,350,000円~2,660,000円と、やはり高額です。

浴室のリノベーションの実例集をみる

キッチンリフォーム

キッチンリフォームの費用相場は、戸建1,000,000円~1,500,000円、マンション500,000円~1,000,000円です。マンションより戸建ての方が高くなっていますが、これは戸建の方が大きなキッチンを取り付けている場合が多いことが理由でしょう。キッチンの設置場所は、マンションの共有設備の問題で移動できないことがあり、できたとしても、戸建てに比べるとプランの自由度が低いです。そのためあまり大きなキッチンをリフォームで使うのが難しいのでしょう。

I型システムキッチン

取り扱いが豊富で、参考価格も750,000円~1,040,000円と、他のシステムキッチンと比べても手ごろな価格で設置できるI型システムキッチン。一般的なレイアウトなので使い慣れている人が多いでしょう。戸建やマンション、どちらにも多く見られるタイプです。コンパクトにおさまるため、狭いスペースにこそおすすめできます。また壁付が多いため、油はねや汚れなどの掃除がしやすく、臭いが広がりにくいというメリットも。ですが、調理スペースが狭く感じる、目の前の壁に圧迫感がある、家族の様子を見渡すことができない、などといったデメリットもあるようです。

L型システムキッチン

シンクと加熱調理機器が、それぞれの辺に配置されているL型システムキッチン。調理スペースが広く、動線が良く、ゆったりと調理できることが大きな特徴です。数人でわいわいと調理を楽しむことも。参考価格も880,000円~1,050,000円と、I型システムキッチンとさほど差がないため、人気のキッチンです。

また壁付が多いため、油はねや汚れなどの掃除がしやすい、臭いが広がりにくいというメリットもあります。ただ、快適に使用するための十分な広いスペースが必要になるため、L型システムキッチンを検討する場合は、設置可能かどうかを業者に相談しておきましょう。

ペニンシュラ型システムキッチン

「半島」という意味のペニンシュラ。ペニンシュラ型キッチンは、一部を壁に接し、カウンターが半島のように伸びたキッチンのレイアウトのことです。一般的に対面式というと、このレイアウトが多いかもしれません。参考価格は950,000円~1,090,000円、導入しやすい金額です。片側だけ通路を確保できればいいので間取りの制約を受けにくく、リビングやダイニングの見晴らしも良いため、家族とのコミュニケーションがとりやすいという特徴も。ダイニング側にカウンターを付けるなどの、アレンジが楽しめるのもメリットです。ただ、ダイニングやリビング側からキッチン周りが目につきやすいため、きれいに保っておかなくてはならないのが疲れる、という人もいます。また、調理する際の音がテレビの音を邪魔して家族に嫌がられる、なんてこともあるので、検討する際には家族と相談して決めるのが良いでしょう。

アイランド型システムキッチン

「島」という意味のアイランド。調理設備が備わった、キッチンに島が浮かんでいるようなアイランド型キッチンは、リビングダイニングと一体化しているように開放感のある、コミュニケーションの取りやすいキッチンとして人気です。キッチンを周回できる余裕の機動性と、四方から使用できる調理スペースは、大人数で楽しみたい人には最適です。
さらにデザイン性が高いものが多く、ハイグレードなイメージもあり、お洒落にこだわる人にもおすすめ。ただ、ほかのタイプのキッチンと比べると、参考価格1,110,000円~2,040,000円と、やはり高価格。設置工事などのコストも高い傾向にあります。そして四方から目に付きやすいため油や水が飛び跳ねる、常に清潔さを保っておかなければならない、キッチンの中央に換気扇があるためにおいが広がりやすい、などのデメリットもあります。またかなりの広いスペースが必要なことと、もともとアイランド型キッチンではない場合、ダクトや排水設備の移動に制約のあるマンションでは導入できないこともあり、注意が必要です。

キッチンのリノベーションの実例集をみる

トイレリフォーム

トイレをリフォームする際、戸建は自由にできますが、マンションはリフォームができるのかどうかを大家や管理会社へ確認する必要があります。

マンションでは「区分所有法」と呼ばれる法律により、個人でリフォームをしてはいけない共有部分が決められています。これは他の人との共有部分までをリフォームしてしまう可能性があるためです。確認をせずにリフォームを勝手に行った場合は契約違反となり、トラブルに発展するため注意しましょう。

戸建とマンションの違いは基本これだけで、ほかはどちらのトイレリフォームも同じです。トイレリフォームの費用相場は100,000円~500,000円で、戸建だから、マンションだから、ということで金額に差はありません。

タンク式トイレ

タンク、便器、便座、3つのパーツを組み合わせたタンク式トイレは、シンプルな造りで、参考価格も200,000円~390,000円と手ごろ、ポピュラーなトイレです。タンク、便器、便座をそれぞれ組み合わせることができる上、修理や交換はその部分だけで済むため、長い目で見てコストも低く抑えられるのが魅力です。マンションの場合は「床排水」と「壁排水」の2タイプがあるので、リフォームの際はチェックしておくのが良いでしょう。同じ排水システムのものを選べばコストは余計にかかることがなく、短期間で設置できます。

専用洗浄弁式(タンクレス)トイレ

便器部(下部)とウォシュレットを含む蓋の機能部、2つのパーツで構成されている専用洗浄弁式(タンクレス)トイレは、水をためるタンクはなく、水道に直結しています。そのため見た目スッキリなコンパクトなデザインになっており、トイレ自体の掃除はもちろん、床の掃除もかなり楽にできます。広さを感じさせてくれるので、トイレスペースを変えるのが難しいマンションにおすすめ。今人気のトイレです。ただ、古い団地や高層階マンションなどの、水圧が弱い場所には設置できないものもあります。またウォシュレットなどの故障の場合、機能部ごとの交換が必要なケースもあるため、そうなると費用がかかってしまいます。そして参考価格は360,000円~470,000円と、タンク式と比べると、やはり高めな設定になっています。

洗面台リフォーム

洗面所リフォームの費用相場は200,000円~500,000円です。意外と高いと思われた人には、特定のメーカーにこだわらず、最新式でなくちょっと古いタイプのメーカーの在庫を利用することをおすすめします。そうすることでコストは抑えられるでしょう。

また既製品の洗面台ユニットにこだわらずに、お好みの鏡やボウル・蛇口などでオリジナル洗面室を作ることも可能。
ものによってはシステム洗面台とさほど差がない価格で設置できることも。手づくりリフォームが好きな人は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

リビングリフォーム

リビングリフォームの費用相場は1,000,000円~3,000,000円ですが、リフォーム内容は数多くあるため5,000,000円以上の事例も多いよう。

内容としては、フローリングの張り替え、壁や天井のクロスの交換、間仕切りの撤去などで、施工面積や使用する内装材のグレードなどによって費用は変わります。こだわりなく一般的なグレードの内装材なら500,000円以内でおさまることもあります。また、間取りの変更や全面無垢材のフローリング、漆喰の壁や天井は漆喰などと素材にこだわったリビングにすると、大規模な工事になり、1,000,000円以上は考えておいたほうが良いでしょう。

リビングのリノベーションの実例集をみる

クロス張替えリフォーム

リフォーム費用の相場としては、張り替えるクロスのグレードによりますが、一般的には1平方メートルあたり1,000~1,500円です。

ほか、プラスで廃材処分費が一式500~2,000円程度、ピアノなどの重いものを移動してもらう場合も作業料金がかかります。家具1点につき2,000円以上をみておきましょう。平均施工期間は一般的なリビングやキッチン、トイレなど、1部屋の場合は大体が1日で終了します。家全体の張替えリフォームでは、1週間~10日ほどみておくのが良いでしょう。住みながらの施工は2~3日余分にみておくのが良さそうです。

押入れからクローゼットへ

押入れの中間棚を撤去し、扉を引き戸に交換するといった簡易リフォームからウォークインクローゼットへの大型リフォームケースまで、工事内容はさまざまですが、費用相場は100,000円~500,000円となっています。施工期間としては簡易リフォームの場合では1~2日、大型リフォームでは3~7日程度みておくのが良いでしょう。

フローリング張替えリフォーム

現状の床や張り替える床の材質、張り方などによって大きく変わりますが、費用の相場(8畳)は、既存の床材を撤去して新しい床材を張り直す「張り替え工法」だと100,000円~200,000円程度、現状の床材の上から新しい床材を重ねて張る「重ね張り工法」だと、80,000円~180,000円程度です。施工期間は1~2日みておけば大丈夫です。

【免責事項】

このサイトは、2017年7月に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。