大阪のリノベーション会社&業者おすすめランキング » そもそもリノベーションとは?知っておきたい基本のキ » メリット

メリット

近年、中古マンションのリノベーションがブームと呼べるほど注目を集めているのは、新築にないメリットがあるからです。

中古マンションをリノベーションするメリットとは

リノベーションのメリットには、いろいろありますが、よくいわれるのは、次のようなポイントです。

まずはデザイン!具体的には、自分の思い描く住空間を自由に設計できることです。

新築の分譲マンションを購入するとしましょう。すると、大抵の場合、あらかじめ用意された間取りやインテリアを受け入れなくてはなりません。

つまり人間が住まいにあわせて暮らさなくてはならないわけです。中古マンションを買ってリノベーションするであれば、間取りも、天井も壁も、自分の好きなようにすることができます。

「既存のマンションや建売は、どれも同じようで嫌」「どうせなら自分の思い描く部屋でくらしたい」という人にとっては、中古マンション+リノベーションは理想の結論といえるのかもしれません。

また、物件における選択肢の広がりも、リノベーションのメリットです。

誰しも、「自分の住みたい街」があると思います。しかし、希望するエリアで、自分の予算や条件にあった新築の一戸建てやマンションを購入するのは困難です。

もともと、どのエリアにおいても新築というのは物件数自体が限られます。

ですから都心部や人気エリアでは、新築を求めるほとんどの人が妥協し、「もとの希望とは違う立地やスペックの物件」を購入することになります。

しかし、新築に固執することをやめて、中古+リノベーションに方向転換すれば、同じ予算で立地条件などの選択肢はぐーんと幅広くなります。

「水辺で暮らしたい」「繁華街の近くに住みたい」「オフィスの近くがいい」「緑に恵まれた住宅街で」・・・自分の希望を満たす物件に出会うことのできる可能性が大いに高まります。

最後になりますが、リノベーションのメリットを語るときに、やはりコストははずせません。

同条件の住まいを手に入れようとすると、新築を購入するよりも中古物件を購入してリノベーションするほうが、20%~30%のコストですむという試算もあります。

さらに資産価値の面でも中古物件は、新築より有利だといわれます。

新築物件の価格は、新築されてから15年間で大きく下落し、その後は景気に応じて緩やかに上下するとされます。

築15年~20年といった中古物件を買うことは、購入後の価格下落リスクを避けることになります。

こうした点から、ある程度自分で住んで、ちょうどよい時期に売却する、といった不動産投資のような形でリノベーション物件を選択する人も少なくないといいます。

※免責事項※
このサイトは、2015年7月に個人で立ち上げたものです。
入念に確認しましたが、誤りがある可能性もございますので、その旨ご了解ください。
また、各会社さんの最新情報に関しては、公式ページでご確認ください。