阪で評判の
リノベーション会社カタロ

大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

リフォームとリノベーションの違いは?

中古物件や賃貸物件の広告で目にする機会の多い「リフォーム済み」や「リノベーション済み」の違いを解説しています。

リフォームとリノベーションはどう違う?

不動産広告を見ていると、「リフォーム」や「リノベーション」といった単語を目にする機会が増えてきました。これらがどんな工事内容を指しているのか、というと、実は明確に定義されていない、というのが現状。つまり、人によってその範囲がマチマチなのです。

一応、一般社団法人 リノベーション住宅推進協議会では、古くなった部分の補修や、何かしらの不具合がある箇所への改修をリフォームと定義づけています。

一方、リノベーションに関しては、その物件の機能や価値を、元々のものより高めるための全体的な改修と定義しています。

つまり、「古かったり使いにくかったりするところを直す」のがリフォーム、「そのままでも使えなくないけど、より良い物に作り変える」のがリノベーションという訳です。

リフォームの代表例

リフォームと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、年老いた両親のためのバリアフリー工事でしょうか。段差のある廊下や急な階段、入りにくいお風呂、やけどや火災の危険性が高いガスコンロなど、そこに暮らす人が感じる「不具合」を無くすための物ですから、これは立派なリフォームです。

他にも、キッチン設備の変更やバスユニットの刷新といった大掛かりな物から、壁紙の張り替えや畳の入れ替えなどの細かい物も含まれます。

上で説明している通り、リフォームはある一箇所もしくは複数の箇所を、それぞれバラバラに工事します。ですので、工事中もその一部分が使えないだけで、普通に生活できます。

もしかするとこの部分が、リノベーションとリフォームの大きな違いと言えるかもしれません。

大阪でのリフォーム費用相場

リクルートが運営するリフォーム会社の情報をまとめたサイト「リフォームプロ」によると、大阪府内でのマンションリフォーム相場は以下のようになります。

キッチン 90万円程度 バスルーム 80万円程度 トイレ 30万円程度
洗面所 20万円程度 リビング 100万円程度 洋室 50万円程度

リノベーションの代表例

一般にリノベーションと呼ばれる工事で、最もイメージしやすいのは、間取りの変更ではないでしょうか。このサイトでも事例をいくつも紹介していますが、リビングと隣り合っている和室を無くして、広々としたリビングダイニングにする、というのはいわば典型例。

他にも、二つの部屋をくっつけて仕切りを無くしたものの、将来的には二つに分けられるような設計は、複数のお子さんがいる施主さんが、子ども部屋に採用するケースが多くあります。

他にも、キッチンや水廻りの位置を変えたり、玄関スペースを既存のものより広くしたりと、工事の内容は自由。中には柱だけを残して、空洞の状態、「スケルトン」にしてから工事するケースもあります。この場合は、電気の配線や排水の配管も刷新されます。

リノベーションの場合、ひとつのお家を丸ごと工事するため、その期間中は別に住居を構える必要があります。

リノベーション会社によっては、その期間中の住居を仲介してくれるサービスをしているところもあるので、依頼先を探す一つの目安にしても良いかもしれません。

大阪でのリノベーション費用相場

このサイトの予算相場についてのページでも紹介している通り、リノベーションの費用相場は一概に算出できません。

というのも、たとえ、まったく同じ間取り、同じ面積のお部屋をリノベーションしたとしても、施主さんがこだわる点、施工会社がこだわる点がそれぞれ異なるからです。

ですが、最寄り駅までの距離や広さ、部屋数が同じであれば、新築物件を購入するよりも、中古物件+リノベーションの方が安いので、大幅な予算オーバー、というのは考えにくいでしょう。

【免責事項】

このサイトは、2017年7月に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。