阪で評判の
リノベーション会社カタロ

大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

大阪で中古戸建をリノベーションする

大阪で家の購入や建て替えを検討している方は、中古戸建のリノベーションを候補に加えてみてはいかがでしょうか。中古戸建のリノベーションには様々なメリットがあります。このページでは、中古戸建をリノベーションするメリットとデメリット、リノベーションと市場価値の関係などを解説しています。掲載している情報を活用することで、理想の家をお手頃価格で手に入れられる可能性があります。興味のある方は、参考にしてください。

お手頃価格で理想の一戸建てが手に入る

大阪で中古戸建をリノベーションするメリットは、理想の一戸建てをお手頃価格で手に入れられること。新築住宅を購入するより安く一戸建てを手に入れられる可能性があります。

公益社団法人近畿圏不動産流通機構・近畿レインズが発表している「2017年度年刊市況レポート」によると、大阪で2017年に成約した新築戸建て住宅の価格は2851万円(土地面積104.21㎡・建物面積99.41㎡)です。

同レポートによると、大阪で2017年に成約した築31~35年の中古戸建住宅の価格は1477万円(土地面積119.47㎡・建物面積105.33㎡)、築36年~の中古戸建住宅の価格は948万円(土地面積92.46㎡・建物面積77.74㎡)です。

100㎡程度の住宅を骨組みだけの状態にしてリノベーション(スケルトン)するときにかかる費用の相場は1000万円程度といわれているので、中古戸建を購入してリノベーションした場合、新築住宅を購入するより800万円以上も安く一戸建てを手に入れることができます。中古戸建のリノベーションは、お得な一戸建ての購入方法なのです。

出典: (PDF)公益社団法人近畿圏不動産流通機構・近畿レインズ:2017年度年刊市況レポート[pdf]

出典: (PDF)公益社団法人近畿圏不動産流通機構・近畿レインズ:2017年度年刊市況レポート[pdf]

愛着のある家にずっと住み続けられる

中古戸建のリノベーションは、すでに一戸建てに住んでいる方にとっても魅力的な選択肢になる可能性があります。建て替えや買い換えよりも割安だからです。

1000万円程度の費用で、内装・外装を新築のような状態に戻せます。家族構成やライフスタイルの変化にあわせて、間取りを変更することも可能です。もちろん、古くなったキッチン・バス・トイレなどの設備も新しいものに入れ替わります。

リノベーションを行えば、少ない予算で愛着のあるマイホームが新しく生まれ変わります。建て替えや買い換えを検討している方はリノベーションを候補に加えると良いでしょう。

中古戸建をリノベーションするメリットとデメリット

中古戸建のリノベーションにはメリットとデメリットがあります。検討を進める方は、詳しく把握しておきましょう。

メリット

費用面以外のメリットとして挙げられるのが、リノベーションで思い通りの家を造れること。家を骨組みだけの状態に戻して再構築するので、内装や間取り、設備などを自分で決めることができます。

断熱性能や耐震性能を高めることができる点もメリットといえるでしょう。築年数の古い中古戸建であっても、快適な生活環境で暮らせます。

立地面でもメリットがあります。中古戸建は新築戸建てに比べ選択肢が広いので、好立地を選びやすいとされています。駅から近い、勤務先から近いなど、こだわり条件の家を手に入れられるかもしれません。

デメリット

注意したいデメリットとして挙げられるのが、工事を始めないと家の正確な状態を把握しづらいこと。状態がよさそうに見える中古戸建であっても、壁をはがすとトラブルを抱えていることがあります。修繕に、想定以上の費用がかかるかもしれません。

建物の構造によってできること、できないことがある点も押さえておきたいデメリットです。新築注文住宅のように、希望すれば何でもできるというわけではありません。建物を支える梁や柱などの影響で希望の間取りを実現できないこともあります。心配な方は、契約前に建築士などに相談すると良いでしょう。

リノベ戸建の市場価値

戸建ての市場価値に大きな影響を与えるのが築年数と需要です。中古戸建の市場価値は、築9年程度で半分程度に下落、築16年程度で2割程度に下落することがわかっています。その後、下落率は緩やかになりますが、築20年を超えると建物の価値はほとんどなくなります。

リノベーションは戸建ての需要に影響を与えます。建物が古くても綺麗であれば住みたい、購入したいと考える方が多いからです。購入希望者が増えるので、リノベーションを行なった中古戸建は市場価値が高まります。

ただし、リノベーションを行ったすべての中古戸建が同じように評価されるわけではありません。また、リノベーションにかかった費用が、そのまま市場価値に上乗せされるわけでもありません。市場価値の上昇幅は、工事内容などに左右されます。基本的には、多くの方が住みたいと思えるリノベーションを行うと、市場価値はアップしやすいといわれています。

出典: 国土交通省:中古住宅流通、リフォーム市場の現状

中古戸建をリノベーションするときは業者をしっかり選ぼう

中古戸建のリノベーションには以上のメリットとデメリットなどがあります。大阪で家の購入を検討している方、家の建て替えを検討している方などにとって、魅力的な選択肢です。

リノベーションを行なうときは、業者選びに注意しましょう。同じリノベーション業者であっても、工事品質や得意とするテイストなどは異なります。業者選びを誤ると、思い通りの仕上がりにならないことがあります。それなりの費用がかかるので、残念な結果は避けたいですよね。

心配な方に向けて、大阪でオススメできるリノベーション業者を紹介しています。口コミや施工事例、特徴などがわかるので、自分に合っている業者を探してみてはいかがでしょうか。

「中古戸建をリノベーションするときは業者をしっかり選ぼう」の詳細はこちら>>

【免責事項】

このサイトは、2017年7月に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。