阪で評判の
リノベーション会社カタロ

大阪であなたにピッタリのリノベーション会社を探そう!

大阪で評判のリノベーション会社カタログ » 中古マンションのリノベーションに掛かる諸費用のまとめ » 補助金でお得に!リノベーションで受けられる補助金制度を解説

補助金でお得に!リノベーションで受けられる補助金制度を解説

こちらでは、物件のリノベーションを行うにあたり利用できる補助金について解説しています。上手に活用することで費用を抑えられますので、リノベーションを検討している方はぜひ参考にしてください。

エコリフォームが対象となる「住宅ストック循環支援事業補助金」

「住宅ストック循環支援事業補助金」は、政府が住宅の省エネを向上させるために行っている補助金制度です。

所定の条件を満たしたリフォームやリノベーションに対して適用されます。

主な条件として挙げられるのは、以下の3つです。

この3つの条件をすべて満たしたリノベーションに限り、補助制度を利用できます。

エコリフォームには、屋根や外壁、床などの断熱工事や、省エネを目的とした設備の設置などが該当します。また、省エネ目的の設備とは、例えば「節水型トイレ」や「高効率給湯器」などのことです。

これらの工事と並行してバリアフリー設備の設置や耐震改修を行った場合は、その費用も補助の対象となります。

住宅ストック循環支援事業補助金の申請手続きについて

住宅ストック循環支援事業補助金の利用申請をする際は、まず工事を依頼する事業者の情報を事務局に登録してもらう必要があります。工事が終わってからの申請では、減税制度を利用できないので注意してください。

工事完了時期や事業者登録の時期なども関係しますので、しっかり確認した上で手続きを行いましょう。詳細については住宅ストック循環支援事業補助金の公式ホームページで詳しく解説しています。


―― 国土交通省の、住宅ストック循環支援事業補助金の事業者登録は、全て終了しています。――


参考元:国土交通省「住宅ストック循環支援事業の実施について」

参考元:住宅ストック循環支援事業補助金の公式HP「事業者登録」

大阪府内のリフォーム・リノベーション補助金制度

現状、大阪府内の各市町村で受給可能な、リフォーム・リノベーション補助金をまとめました。

自治体名・制度名 藤井寺市
三世代同居等住宅リフォーム助成制度
受給対象 ・市内在住者
・申請日前1年以上、親世帯が市内の持ち家に居住している
・申請日時点で18歳未満、もしくは18歳になってから最初の4月を過ぎていない子を扶養している
・市民税を滞納していない など
改修内容 耐震リフォームを除く、居住部分(各居室やリビング・ダイニング)のリフォーム費用(税抜30万円以上)
補助率 対象となる工事費用の30%
※上限30万円
自治体名・制度名 忠岡町
子育て世帯等住宅リフォーム補助制度
受給対象 ・申請日時点で小学生以下の子どもがいる世帯
・夫婦共に満40歳未満かつ、婚姻届を提出してから5年以内の子どもがいない世帯
改修内容 ・各居室の増改築
・水回り設備の改修 など
補助率 かかった費用に応じて段階的に補助
※最高13万円
※申請者・配偶者のいずれかが市外から転入の場合、上記に+2万円
自治体名・制度名 和泉市
いずもくで建てよう支援事業
受給対象 ・市内にある住宅
・市で生産された木材である「いずもく」を0.1m³以上使用し、改修されたもの
改修内容 各種改修工事
補助率 材木使用量に応じて補助金額が決定
※材木使用量0.1m³あたり、5千円
※ただし、8m³以上使用している場合は、40万円が上限

この他にも、高齢者向けバリアフリー工事や重度障碍者の自立支援を目的とした住宅改修には、補助金が用意されています。

もし、該当するようであれば、積極的に問い合わせてみましょう。

※公開にあたっては最新の情報を掲載しておりますが、自治体によっては申請を締めきっている可能性がありますので、詳細は各自治体窓口に確認してください。

【免責事項】

このサイトは、2017年7月に作成したものです。
各社のサービス内容などが変更になっている場合もありますので、
最新情報に関しては、必ず各社の公式HPでご確認ください。